Live

3/1Back to Goddess@代官山晴れたら空に豆まいて

 

皆さま、こんにちは。

昨日、今日と関東は春の雨ですね。

季節の変わり目であるこの時期は、身体に本当に負担がかかりますし、溜まっていた疲れが一気に出たりしますので、皆さまどうぞご無理なさらずくれぐれもご自愛下さいね。

先日3/1に開催させて頂きました僕の1stソロアルバムリリースライブ「Back to Goddess」@代官山晴れたら空に豆まいて、はおかげさまで素晴らしい一夜にさせて頂きました。

この代官山晴れたら空に豆まいて、通称「晴れ豆」は本当に音が素晴らしいんですよね。

使っている音響機材も秀逸なんですが、木を基調とした空間一つ一つに気配りが感じられて、スペース全体が鳴り響く感じなんです。

まずは日本屈指のディジュリドゥ奏者であるGoRoさんと2人でセッションをさせて頂き、ダンサーYalielさんに登場して頂きました。

GoRoさんの笛とディジュリドゥのピュアな響きは、セッションすると毎回僕の奥の奥から色んなものが引き出される感じなんです。

響き合う、というか、お互いが持っているものがまさに共鳴するという感覚。

同時代にこんな素晴らしい先輩ミュージシャンがいらっしゃるということ、そして一緒に演奏ができるということ、心から誇りに思いますね。

その音の中で眩しくてスイートな舞を披露してくれたYalielさんにも本当に感謝!

第2部は津軽三味線の寂空とレピッシュのベーシストtatsu君が加入してのSUGEE&The SPACE TRIBEとして演奏させて頂き、後半はそこにGoRoさんに再び入って頂きました。

やっぱり晴れ豆さんの素晴らしい音空間も手伝って、快心の演奏になりました。

ここ一年くらいで取り組んできたボイスのクリアーな響きとジェンベのタイトなリズム、そこから生まれてくるバンド全体のグルーヴがこの日まさに産声を上げたかなという感覚です。

聴いて下さった皆さんにも間違いなく伝わったはず。

アンコールはBob Marleyの「Stir it up」で締めさせてもらいました。


”知り合って長いこと経つけど 今君はここにいて やっと何をすべきか分かったんだ さあ踊ろう 一緒に揺れよう”

皆さん、総立ちになり気持ち良さそうに音に身を任せて身体を揺らして下さいました。

まさに旅を一回りして大切な人たちの元に還れた「Back to Goddess」な瞬間でした。

音楽をやっていて本当に良かったと心から思えたひと時でもありました。


みなさん本当にありがとうございました!

リリースツアーはまだまだ続きますので、是非お近くの会場で響き合えたら嬉しいです!

ピックアップ記事

  1. パレスチナという光〜”人々と家庭料理”
  2. ネパール〜その3 ライブ@カトマンドゥ
  3. ネパール~序章 ヒマラヤへ行きたい
  4. 7/8JAPONESIA MEETING vol.2@CAY
  5. パレスチナという光〜その1”聖地エルサレム”

関連記事

  1. Live

    Back to Goddess〜4/20佐賀4/21福岡

    皆さま、こんにちは。すでに季節は初夏ですね。…

  2. Live

    3/1「Back to Goddess」@代官山晴れたら空に豆まいて

    皆さま、こんにちは。昨日は関東は初冠雪となり…

  3. Live

    10/13 LIVE@AManTO〜竜神への祈り

    皆さま、こんにちは。超大型台風が去ったと思いきや、…

  4. Live

    Back to Goddessリリースツアー〜福島への想い

     皆さま、こんにちは。先日の満月の美しさには心をうたれました。寒…

  5. Journey

    Back to Goddess〜那覇「みやらび」&久高島

    皆さま、こんにちは。本格的に春の陽が射し始めてきまし…

  6. Live

    Christmas session〜沖縄から世界へ

    皆さま、こんにちは。クリスマスも終わり、いよいよ年末モードですね。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Live情報

  1. Back to Goddess リリースツアー2019
  1. Diary

    Back to Goddess〜CD届きました!
  2. Diary

    シャーマンとは?
  3. Live

    SUGEE feat.GOCOO〜イノチノマツリ
  4. Plants

    世界の熱帯植物〜サボテン&多肉
  5. Diary

    Napal×Japan〜国際交流教室
PAGE TOP