Music

7/22ヤポネシア音楽祭キックオフミーティング

 

皆さま、こんにちは。

そろそろ梅雨明けが本当に待ち遠しくなってきましたね。

関東地方は今週末くらいでしょうか?

どうかお身体くれぐれもご自愛くださいね。

さて、僕のほうは今週月曜日に沖縄久高島にて開催させて頂いた「ヤポネシア音楽祭キックオフミーティング」に参加してまいりました。

沖縄はすでに梅雨明けしていて真夏の陽射しが本当にまぶしかった。

フェリー乗り場のある安座間港から船で15分ほどの船旅は本当に気持ち良かったです。

この7/22という日は四年前に他界したドキュメント映画「久高オデッセイ」大重潤一郎監督の命日にあたります。

宗教学者の鎌田東二先生や同映画の助監督である比嘉真人君など、このヤポネシア音楽祭の中心メンバーと出会うきっかけを作って下さった大重潤一郎監督の作品を観て改めて感謝の気持ちを捧げながら2020について語り合おう、というのが今回の主旨でした。

同監督の代表作である水源から海までの美しい水の流れを追った「水の心」、そして遺作でもある「久高オデッセイ第三部 風章」を来場の皆さんと改めて観させて頂きました。

この遺作「久高オデッセイ第三部 風章」の最後の部分で、遺言のように語る監督の言葉はいつ観ても本当に僕の心を揺さぶるんですよね。

「この(久高)島こそが、この地上こそがニライカナイなのではないかと思えてくる。」

肝臓ガン末期の病床で意識も混濁し、まさにあの世とこの世の間にいた監督が、改めて久高島=この世を見つめ返した時に発せられたこの”遺言”は今も僕の心をわしづかみにして離しません。

美しい久高島の自然とカミンチュとウミンチュが祈りを中心に据えてたくましく生きるその様は、まさにこの世が神の世界であるニライカナイの具現化なのではないかと、思ってしまいます。

久高島でのカミンチュの祈りは、古来から地下水脈のように海洋アジア全域と繋がってます。

久高島で監督と出会い島の人達に叱咤激励されながら少しずつ成長させて頂いた僕は、いつしかこの島で祈りと音の祭を開きたいと思うようになりました。

海洋アジア=ヤポネシアの祈りと音の祭である「ヤポネシア音楽祭」を通して、再びアジアが心から繋がることを強くイメージしたんですよね。

久高の神様が声をあげて喜ぶような、ホンモノの祭を開きたい、心からそう思ってます。

最後は監督の位牌と映像をバックに「カラタチの恋」を奉納演奏させて頂きました。

シマンチュの内間豊さんらも観にきて下さり、本当に嬉しかった。

皆さま2020は是非久高島にてお待ち申し上げております!!!

ピックアップ記事

  1. パレスチナという光〜”人々と家庭料理”
  2. ネパール〜その3 ライブ@カトマンドゥ
  3. LIVE@TAIWAN〜宜蘭国際フィルムフェスティバル
  4. 雷電神社例大祭〜5/1~5/5
  5. ネパール~その2 生き神クマリの祝福

関連記事

  1. Music

    2020ヤポネシア音楽祭キックオフミーティング@久高島

    皆さま、こんにちは。今年は久しぶりに梅雨らしい梅雨が続い…

  2. Music

    新曲「花神〜カシン」

    皆さま、こんにちは。梅雨明けした途端に関東は…

  3. Music

    MV撮影@久高島〜「カラタチの恋」

    こんにちは。春分も過ぎ、すっかり春の陽気にな…

  4. Music

    音の旅〜西アフリカのグリオ

    今日は僕が旅と民族音楽にハマってしまった理由についてお…

  5. Music

    JAPONESIA MEETING vol.2〜細野晴臣という巨光

    皆さま、こんにちは。先週末7/8にJAPONE…

  6. Music

    ASIAN WAVE〜奄美竪琴の親分「盛島貴男」

    皆さま、こんにちは。昨日まで暖かい日が続いてました…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Live情報

  1. 7/28SUGEEアコースティックLIVE@代官山晴れたら空…
  2. Back to Goddess リリースツアー2019
  1. Live

    Back to Goddess リリースツアー2019
  2. Diary

    ASIAN WAVE〜ヤマト学園について
  3. Live

    2020久高島ヤポネシア音楽祭
  4. Diary

    Back to Goddessリリースツアー〜福島「蓮笑庵」という聖地
  5. Music

    2020ヤポネシア音楽祭〜鋭意準備中です!
PAGE TOP