Diary

ユダヤとアラブとの共通の始祖「アブラハム」について

皆さま、こんにちは。

イスラエルとパレスチナ特にハマスとの戦闘状態が激化、両国の関係がまた急激に悪化していますね。

今日はユダヤとイスラムの共通の始祖であるアブラハムについてお話しながら、僕がどう感じているかをシェアさせていただきたいと思います。

僕は2013年にパレスチナのヘブロンにあるアブラハムの墓所に参詣してきました。

紀元前17世紀に没したアブラハムはその妻であるサラや息子のイサクらと共にマクペラの洞窟という祠に埋葬されています。

こちらは炭素測定によって紀元前17世紀の遺跡であるということが正式に確認されているそうです。

ちなみに”アブラハムは七人の子♪”という童謡で日本でもお馴染みですよね。

トップの画像に使わせていただいた参道を抜けて、洞窟を石段で降りていくと、このようなアブラハムの墓所に誰でもお参りすることができます。

ちなみにこの墓所はユダヤ教徒が入り口で起こした「マクペラの悲劇」と呼ばれるテロによって、ユダヤ教徒とイスラム教徒、そしてキリスト教徒で入り口が分かれています。

実はユダヤ教徒もイスラム教徒もキリスト教徒も、すべてこのアブラハムの子孫なんですよね。

彼らは共通の祖先としてすべてこのアブラハムを偉大なグランドファーザーとして崇拝しているんです。

だから皆お参りに訪れるんですが、悲しいことに入り口が分かれてしまっているんですね。

こちらはアブラハムの奥様であるサラのお墓。

今のこのユダヤ教徒とイスラム教徒の争いは、つまり共通の祖先を持った子供たちの兄弟喧嘩であると言って過言ではないと思います。

ロシア公国の発祥の地が現在のウクライナのキーウであることを考えても、血のつながりが深い兄弟同士の諍いが最も深刻になる場合が多いのかなと、思ってしまいます。

偉大なるグランドファーザーであるアブラハムと彼らの母であるサラが現状を知ったらきっと深い悲しみにくれるに違いありません。

ルーツを深く掘り下げれば僕ら人類はすべて兄弟であるはず。

何で争っているかというとやはり土地や利権、つまり経済的な自己憐憫(じこれんびん)が原因であると言わざるをえません。

兄弟として分かち合う、互いを思い合う、アブラハムもサラもきっと子供達に対してそう願っているでしょうね。

僕も平和への祈りを捧げると同時に、具体的な人道支援はもちろんですが、自分自身の兄弟や家族、近しい隣人に対して常に愛を持って接したいなと思ってます。

ピックアップ記事

  1. 音の旅〜西アフリカのグリオ
  2. 11/3ライブ@木更津シティオーガニックフェスティバル
  3. PLANTS JOURNEY〜南アフリカの多肉植物
  4. 世界の熱帯植物〜サボテン&多肉
  5. パレスチナという光〜その2”聖者アブラハム”

関連記事

  1. Diary

    6/10自由大学「共生のシャーマニズム学」第6期スタート

    皆さま、こんにちは。少し肌寒い数日が続いてま…

  2. Diary

    自由大学「共生のシャーマニズム学」〜7/26スタート!!!

    皆さま、こんにちは。暑さ少し落ち着いて、ホッ…

  3. Diary

    7/26共生のシャーマニズム学@自由大学〜開講決定

    皆さま、こんにちは。梅雨らしいお天気が続いてますね。…

  4. Diary

    初夢2024

    皆さま、こんにちは。能登半島地震で被災された皆さまに心からお…

  5. Diary

    10/9自由大学「共生のシャーマニズム学」第3期スタート!

    皆さま、こんにちは。すっかり朝晩涼しくなって…

  6. Diary

    5/28「シャーマンの講義」@館林「宵稲荷神社」スタート

    皆さま、こんにちは。僕の故郷館林の「宵稲荷神社」から新しい講座をスタ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Live情報

  1. 8/24「AMORE」リリースLIVE@晴れたら空に豆まいて…
  2. 7/13七夕奉納コンサート
  3. 5/18 SUGEE四国巡礼ツアーfeat.無作連
  4. 7/13七夕奉納コンサートwith鼓童
  5. 4/6 OINARI FES〜館林稲荷祭り
  1. Diary

    2018〜今年もありがとうございました!
  2. Diary

    12/4「共生のシャーマニズム学」オンライン入門編
  3. Live

    6/17LIVE@久留米ノオト
  4. Music

    降りてくるメロディ〜新曲「月の子守唄」
  5. Music

    「花神」&「じょんがら節」レコーディング完了!
PAGE TOP